汎用工学シミュレーションソフトウェア COMSOL Multiphysics®/COMSOL Server™
稼動環境 (COMSOL Multiphysics®/COMSOL Server™ バージョン5.3)

  全環境共通
Windows® (64bit) Linux® (64bit) macOS (Intel® 64bit)
  ライセンス形態
※COMSOL Multiphysics®バージョン5.2以降は、32bit環境には非対応です。

全環境共通

CPU 複数コア搭載のCPUを推奨
※CPU数、CPUコア数はライセンス費用、保守料には影響ありません。
※シングルコアでも動作可能ですが、マルチコアやマルチCPUの方がより高いパフォーマンスで使用できます。
※ver 4.3またはそれ以降では、PCに実装されたCPUコア数のうち、ソフトウェアで使用するコア数を指定できます。

【ご注意】ハイパースレッディング機能(Intel®社製CPUで、1つのCPUコアを仮想的に2CPUとして扱える機能)はご利用いただけません。CPUコア数は実装コア数の範囲で指定してください。
メモリ 1GB以上 (実用的にはCPU実装コア数×4GBまたはそれ以上のメモリ搭載を推奨)
【ご注意】メモリ1GBは、あくまでもOSとソフトウエアが起動できるというレベルでしかありません。実際のシミュレーションでは、2Dか3Dか、使用モジュールの種類、モデルサイズ、解析内容に依存します。
下記のCOMSOL Blogのページ(英文)も参考になさってください。
COMSOL Blog : How Much Memory Is Needed to Solve Large COMSOL Models?
ハードディスク ソフトウェアのインストール領域として、5GBまたはそれ以上の空き容量
※インストール時の設定や使用モジュールの種類に依存します。
※読み込み/書き込み速度の速いものの方が、より高いパフォーマンスを期待できます。
グラフィックス OpenGL 2.0以降、またはDirectX 9.0(Windows OSのみ)以降
※COMSOL Multiphysics®のみ適用されます。
※3Dグラフィックス表示のため必要です。
※GPGPUには非対応です。
※グラフィックスのパフォーマンスのため、ビデオカードのVRAM容量は512MBまたはそれ以上を推奨します。
※適切なグラフィックスドライバが入手できない場合はソフトウェアレンダリングも選択可能ですが、パフォーマンスが下がります。
マザーボード バスライン速度、およびメモリの読み書き速度がより高速のものを推奨
※データの転送速度が速いものの方が、より高いパフォーマンスを期待できます。
ネットワーク インターネットとの接続が可能なLAN環境への接続を推奨
※ソフトウェア本体とモデルライブラリの更新のためインターネットを経由して米国COMSOL社サーバへの接続が必要となる場合があります。
※フローティングネットワークライセンス(FNL)において、ライセンスマネージャサーバに使用するPCとクライアントPCが別PCの場合、ネットワーク上で相互のTCP/IPプロトコルによる接続が必要です。
光学ドライブ インターネット経由によるインストールの場合は光学ドライブ不要
インターネット経由でインストールが出来ない環境のPCの場合は、インストール時にDVD-ROMドライブが必要
※インターネットに接続できるPCを利用してインストール用ISOイメージファイルをダウンロードし、それを元に作成したDVD-ROMによるインストールも可能です。
詳細はお問い合わせください。
アプリケーション Adobe® Acrobat® Reader 10.1.9、11.0.06またはそれ以降のインストールを推奨
※PDF形式のドキュメントを見る際に必要となります。
クラスタコンピューティング 可能
※詳細はお問い合わせください。
機種選定の際の参考情報 What hardware do you recommend for COMSOL Multiphysics?
※COMSOL社Blogページ、英語の情報です。
ページトップへ

Windows環境

■ Windows® (64bit)
OS Windows® 10
Windows® 8.1
Windows® 8
Windows® 7
Windows Server® 2016
Windows Server® 2012 R2
Windows Server® 2012
Windows Server® 2008 R2
Windows HPC Server® 2008 R2
Java® API JDK 1.6、1.7または1.8
CPU Intel® Pentium® IV以降またはAMD Athlon® XP processor以降
(全環境共通の項を参照)
メモリ 1GB以上 (全環境共通の項を参照)
グラフィックス OpenGL 2.0以降またはDirectX 9.0以降 (全環境共通の項を参照)
リボンインタフェース 対応
Application Builder 動作可能
作成済みアプリケーション 動作可能
CADインポートモジュール
デザインモジュール
Windows® 7、Windows® 8、Windows® 8.1、Windows® 10に対応
LiveLink™ for MATLAB® R2016b、R2017a
LiveLink™ for Excel® Excel® 2010/2013/2016 (Windows®版のみ)
※Excel® 2010 Starterには非対応
LiveLink™ for SOLIDWORKS® SOLIDWORKS® 2016/2017
LiveLink™ for Inventor® Inventor® 2016/2017、Inventor® Professional 2016/2017
LiveLink™ for AutoCAD® AutoCAD® 2016/2017
LiveLink™ for Revit® Revit® 2016/2017
LiveLink™ for PTC® Creo® Parametric PTC® Creo® Parametric 2.0-4.0
LiveLink™ for PTC® Pro/ENGINEER® PTC® Pro/ENGINEER® Wildfire® 4.0/5.0、PTC® Creo® Elements Pro 5.0
LiveLink™ for Solid Edge® Solid Edge® ST8/ST9
File Import for CATIA® V5 Windows® 7、Windows® 8.1、Windows® 10
※CADインポートモジュール、デザインモジュール、CAD用のLiveLinkモジュールと共に使用する必要があります。
Flexnet® License Manager version 11.13.1.4
ページトップへ
■ Linux® (64bit)
GNU C Library / Linuxカーネル GNU C Library バージョン 2.7 またはそれ以降
Linux® Kernel 2.6.18 またはそれ以降
Flexnet®はLinux Standard Base (LSB)が必要
公式サポート
ディストリビューション
Debian® 7、8
RedHat® Enterprise Linux® 6、7
Ubuntu® LTS 14.04、16.04
OpenSUSE® Leap 42.1 and 42.2
Java® API JDK 1.6、1.7または1.8
CPU Intel® Pentium® IV以降またはAMD Athlon® XP processor以降
(全環境共通の項を参照)
メモリ 1GB以上 (全環境共通の項を参照)
グラフィックス OpenGL 2.0以降(全環境共通の項を参照)
リボンインタフェース 非対応
Application Builder 非対応
作成済みアプリケーション 動作可能
CADインポートモジュール
デザインモジュール
AutoCAD®、Inventor®、SOLIDWORKS®、NX™バージョン11、ACISバージョン2017 1.0の各形式ファイルは読み込めません
LiveLink™ for MATLAB® R2016b、R2017a (xtermとcshが必要です)
LiveLink™ for Excel®非対応
LiveLink™ for SOLIDWORKS®非対応
LiveLink™ for Inventor®非対応
LiveLink™ for AutoCAD®非対応
LiveLink™ for Revit®非対応
LiveLink™ for PTC® Creo® Parametric非対応
LiveLink™ for PTC® Pro/ENGINEER®非対応
LiveLink™ for Solid Edge®非対応
File Import for CATIA® V5 非対応
Flexnet® License Manager version 11.13.1.3
ページトップへ

Macintosh環境

■ macOS (Intel 64bit)
OS macOS 10.9、10.10、10.11、10.12
Java® API JDK 1.6、1.7または1.8
CPU Intel® CPU搭載機種
メモリ 1GB以上 (全環境共通の項を参照)
グラフィックス OpenGL 2.0
リボンインタフェース 非対応
Application Builder 非対応
作成済みアプリケーション 動作可能
CADインポートモジュール
デザインモジュール
Mac OS X 10.10以降が対応
AutoCAD®、Inventor®、SOLIDWORKS®、NX™の各形式ファイルは読み込めません
LiveLink™ for MATLAB® R2016b、R2017a
LiveLink™ for Excel®非対応
LiveLink™ for SOLIDWORKS®非対応
LiveLink™ for Inventor®非対応
LiveLink™ for AutoCAD®非対応
LiveLink™ for PTC® Creo® Parametric非対応
LiveLink™ for PTC® Pro/ENGINEER®非対応
LiveLink™ for Solid Edge®非対応
File Import for CATIA® V5 非対応
Flexnet® License Manager version 11.13.1.3
ページトップへ

ライセンス形態

COMSOLライセンス形態資料
(バージョン5.2a)

COMSOL Multiphysics®

CPU固定シングルユーザライセンス(CPU) 1ライセンスに付きPCを1台指定していただき、ソフトウェアをインストールして実行できるライセンスです。インストールされたPC上では、どなたでもソフトウェアを利用できます。
※ライセンス申請時に指定していただいたPC以外では動作いたしません。
※リモートデスクトップ経由ではご利用いただけません。
※クラスタ/クラウドコンピューティングはご利用いただけません。
※ソフトウェアを実行するPCをお客様のご都合で変更(機器入れ替え、故障修理等)される場合は、有効な保守契約が必要かつ別途費用が発生します。
フローティングネットワークライセンス(FNL) ライセンスを与えられたソフトウェアをネットワーク上で同時に利用できます。
ライセンスマネージャーサーバーの管理により、ライセンスファイルに設定された数のユーザが同時にソフトウェアを利用可能です。
クラスタ/クラウドコンピューティングがご利用いただけます。その場合に1ライセンスで利用できるノード数、CPU数、コア数に制限はありません。詳細はお問い合わせください。
※所定のユーザ数を越えた台数のPCにソフトウェアをインストール可能ですが、同時にソフトウェアを使用できる台数はユーザ数が上限となります。(例:5ユーザのFNLの場合、10 台のPCに予めインストールしておき、そのうち同時に5台までのPCで使用可能)
※ライセンスマネージャーサーバーとクライアントのソフトウェアは同一PC上でも動作可能です。
※ライセンスマネージャーサーバーに使用するPCとクライアントPCは、OSが異なっても利用可能です。
※ライセンスマネージャーサーバーに使用するPCとクライアントPCの間がTCP/IPプロトコルで通信可能に設定されている必要があります。
※ライセンスマネージャーサーバーに使用するPCをお客様のご都合で変更(機器入れ替え、故障修理等)される場合は、保守契約が必要かつ別途費用が発生します。
クラスキットライセンス(CKL) クラスキットライセンスは、受講者用ライセンス30ユーザ分です。
※このライセンスは、教育機関による授業目的専用の特別ライセンスのため、研究・開発用途にはご利用いただけません。研究・開発用途にはCPUまたはFNLライセンスをご導入ください。
※クラスタ/クラウドコンピューティングはご利用いただけません。

※受講者用ライセンスの機能は一部FNLと異なります。詳細はお問い合わせください。

COMSOL Server™

COMSOL Server™ライセンス(CSL) ・同時実行ユーザー数型のライセンス
・1ユーザーあたり、4種のApplicationモデルを同時実行可能
・Application Builderで作成したApplicationモデルを実行可能
・ワールドワイドでの使用が可能
・Applicationモデルは、主要なWebブラウザ(WebGL対応、iOS、Android等のタブレット用を含む)またはWindows® PC用COMSOL Clientで実行可能
Academic Serverライセンス(ASL) ・教育機関での利用に限定したライセンス
・同時実行ユーザー数が300
(例)ライセンスを保有する教育機関の教職員・学生、共同研究する他の教育機関の教職員・学生といった関係者間
・その他の機能はCSLライセンスと同じ
※このASLライセンスは、教育機関に所属する方のみ利用できる特別ライセンスのため、教育機関以外の方はご利用いただけません。教育機関以外の方もご利用になる場合はCSLライセンスをご導入ください。
【ご参考】 ™ License(CSL)のライセンス数と利用イメージ
ライセンス数 1人目
管理者権限
2人目
User権限
3人目
Guest権限
4人目
User権限
5人目
Guest権限
・・・ n人目
Guest権限
2ライセンスの場合 × × × ・・・ ×
ログインアカウントのあるn人のうち、○印の2人まで同時に計算実行可能、×印はリスト閲覧のみ
4ライセンスの場合 × ・・・ ×
ログインアカウントのあるn人のうち、○印の4人まで同時に計算実行可能、×印はリスト閲覧のみ

権限の種類システムの設定グループモデルのアップロード計算実行
管理者権限フルアクセス可能フルアクセス可能
User権限×所属グループのみ
Guest権限×所属グループのみ×
ページトップへ