計測と制御とCAEソフトウェアの計測エンジニアリングシステム株式会社

受付時間|9:00~18:00

03-5282-7040

お問い合わせ

2018年のカンファレンスは終了いたしました。
皆様のご発表とご来場、誠にありがとうございました!
《 このページは2018年の開催記録として保存いたします 》

 
お客様各位、
毎年歳末の恒例行事となりましたCOMSOL Conference 2018 Tokyoを、本年は2018年12月7日(金)に開催いたします。
本年は、午前中にスウェーデン・COMSOL AB/米国・COMSOL, Inc.のメンバーによる最新技術情報紹介のあと、基調講演の講師にご講演いただきます。 昼食時には協賛各社によるランチョンセミナーを開催します。 午後には最新技術セミナー、ユーザの皆様の事例ご講演を予定いたしております。 多数の皆様のご参加をお待ちいたしております。

COMSOL社講演

基調講演

毎年COMSOL製品の代表的ユーザ様を講師としてお迎えし、事例と今後の展望をご紹介いただいております。
本年は東京大学・年吉洋先生と明治大学・萩原一郎先生をお招きして、ご講演いただきます。お二方の貴重な講演を無料で聴講することができる機会ですので、ぜひご来場ください。
当日受付でも入場可能ですが、事前登録して頂けますと、受付がスムーズになりますのでおすすめしております。

基調講演

センサ・アクチュエータに続く第三のMEMSアプリは?

従来のMEMSでは、センサとアクチュエータがアプリケーションの二本柱でした。たとえばスマホの中には加速度センサやシリコンマイクロフォン、気圧計などのセンサが搭載されています。また、画像プロジェクタやシリコン振動子はアクチュエータに分類できます。ところが近年、強力なセンサを微小電源として使用する「エナジーハーベスタ」が第三のMEMS応用として浮上してきました。現状ではまだ1mW未満の発電性能ですが、近い将来にモノのインターネット(IoT)のあり方を塗り変える可能性があります。

日時 2018年12月7日(金) 11:15-11:55
会場 COMSOL Conference 2018 Tokyo会場内 UDXギャラリー(秋葉原UDXビル 南ウイング4F)

聴講をご希望の方

講師: 年吉 洋 先生

-現職-
東京大学 先端科学技術研究センター 教授


-略歴-
[1996.03] 東京大学 大学院工学系研究科 電気工学専攻 博士課程修了
[1996.04] 東京大学 生産技術研究所 講師
[2002.04] 東京大学 生産技術研究所マイクロメカトロニクス国際研究センター 助教授
[2002.05] 東京大学 大規模集積システム設計教育研究センター(VDEC) 助教授
[2005.04] 東京大学 生産技術研究所マイクロメカトロニクス国際研究センター 助教授
[2007.04] 東京大学 生産技術研究所マイクロメカトロニクス国際研究センター 准教授
[2009.05] 東京大学 生産技術研究所マイクロメカトロニクス国際研究センター 教授

基調講演

折紙工学を推進するCOMSOLシステム -夢の折紙輸送箱の開発-

複雑な折紙構造も、折紙式モデリング手法とも称すべき、COMSOLに備わっているメッシュ生成機能で容易にモデルの生成が可能となった。これが一つの突破口となり、現在、血液やiPS細胞などの、輸送後の生存率が低いという問題を解決する、折紙構造ならではの、理想の輸送箱の開発に至った。これはまた自動車の車室内に置けば吸音箱ともなる。これらの実現は、高精度高効率の、独自の構造ー音連成解析技術や複数の固有周波数を大幅に安定的に変更することのできる手法を柔軟なCOMSOLシステムに組み入れることで得られた。

日時 2018年12月7日(金) 11:55-12:30
会場 COMSOL Conference 2018 Tokyo会場内 UDXギャラリー(秋葉原UDXビル 南ウイング4F)

聴講をご希望の方

講師: 萩原 一郎

-現職-
明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授


-略歴-
[1972.04] 日産自動車株式会社 入社
[1990.04] 電気通信大学 情報工学科 非常勤講師
[1996.04] 東京工業大学 工学部機械科学科 教授
[1998.04] 名古屋大学 非常勤講師
[1999.04] 東京工業大学 大学院理工学研究科 教授
[2012.03] 東京工業大学 大学名誉教授

日程・会場

事前登録された方には、昼食(幕の内弁当)を無料でご用意します。

日時

2018年12月7日(金) 10:00-19:00

会場

【メイン会場】

東京会場:秋葉原UDXギャラリー/ネクスト
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 UDXビル南ウイング4F、JR秋葉原駅から徒歩2分
東京会場の開催概要PDF

 

【サテライト会場】

サテライト会場の中継時間は10:00-15:40です。
サテライト会場では、東京会場のホールSおよびホールN1の講演の映像と音声を生中継で上映いたします。
 
名古屋サテライト会場:TKPガーデンシティPREMIUM名古屋新幹線口 バンケットルーム5A/5B
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル(受付:1F)、JR名古屋駅から徒歩3分
名古屋サテライト会場の開催概要PDF
 
大阪サテライト会場:ブリーゼプラザ 805号室
〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7-8階、JR大阪駅から徒歩5分
大阪サテライト会場の開催概要PDF

参加費 口述講演、ポスター発表、聴講は、いずれも参加費無料
機器展示はご出展料を申し受けます。機器展示のご案内はこちら
特典

タイムテーブル

2018年12月7日(金) 10:00-10:05:開会ご挨拶
10:05-11:15:COMSOL社講演
11:15-11:55:基調講演1:東京大学 年吉洋先生
11:55-12:30:基調講演2:明治大学 萩原一郎先生
12:30-13:10:昼食、パートナー企業様によるランチョンセッション(12:35-12:45、12:50-13:00)
13:10-13:40:テクニカルセッション(COMSOL社・2件)、ユーザ様事例発表(2件)
13:50-15:40:ユーザ様事例発表(30分ずつ12件)
15:40-16:20:休憩・ポスター発表コアタイム(発表者立ち会い時間帯)
※ご来場中のポスター発表者の皆様にご待機いただきます。
※休憩所とセルフ給茶コーナーもご利用いただけます。
16:20-16:50:ユーザ様事例発表(30分ずつ4件)
17:00-19:00:発表者紹介、懇親会(表彰式や抽選会など)
11:00-16:00:ユーザ様事例発表(ポスター)、機器展示
※休憩所とセルフ給茶コーナーも併設します。

プログラム構成

最新技術紹介 午前の最新技術紹介では、COMSOL AB/COMSOL Inc.のスタッフよりCOMSOL製品の今後の製品開発ロードマップと、最新の製品情報についてご説明を行います。
基調講演 COMSOL製品の代表的ユーザ様を講師としてお迎えし、事例と今後の展望をご紹介いただきます。
ランチョンセッション 昼食時間帯には、お食事しながらリラックスしてパートナー企業様による製品やサービス紹介のセッションをご覧ください。
テクニカルセッション 午後の1番目のセッションは30分間の技術セミナーです。COMSOL AB/COMSOL, Inc.および弊社スタッフよる、COMSOL製品の利用に必要なテクニックについて実演を含むご説明を行います。
口述講演 COMSOL製品ユーザの皆様により、学会形式で進行する解析事例紹介の口述講演発表です。1セッションは30分間(講演25分、質疑応答で5分)、同時に並行して4講演を開催します。
ポスター発表 COMSOL製品ユーザの皆様による、解析事例紹介のポスター発表です。
A1サイズの用紙に任意の形式で記載していただけます。
コアタイム(15:40-16:20)を設けますので、来場者との質疑応答ができます。
当日、著者がご出席になれない場合でもポスターの展示が可能です。
機器展示 弊社パートナー様の製品およびサービスの展示コーナーで、ご出展各社様スタッフとの質疑応答が可能です。
口述講演およびポスター発表者による事例デモ展示(実働する実験機材等)も可能です。
弊社ブースではCOMSOL製品に関わるご質問、ご要望(無料トライアル版希望、ユーザ様のサポート案件等)を承ります。
機器展示コーナー内にセルフサービスのドリンクカウンターを設置します。
お楽しみ大抽選会 皆様ご期待の大抽選会も例年通りご用意いたしますので、最後までご参加ください。
賞品は当日までのお楽しみ!
ベストレポート/
ポスター表彰式
当日ご発表いただいた口述講演とポスターの中から、優秀なものを表彰し、記念品をお贈りします。

皆様のお越しをお待ちしております