計測と制御とCAEソフトウェアの計測エンジニアリングシステム株式会社

受付時間|9:00~18:00

03-5282-7040

お問い合わせ

口述講演

口述講演一覧

本年のCOMSOL Conference Tokyo 2018の口述講演には、下記の皆様がご登壇されます。
(講演順にて表示、講演タイトルをクリックするとタイトルとアブストラクトが表示されます)
 
 
 2018年12月7日(金)
時間 ホール Sの講演はこの色
ホール N1の講演はこの色
ホール N2の講演はこの色
ホール N3の講演はこの色
13:10-13:40
ランチョン
[S-L1・12:35-13:05] 前半:山口 徹 (弊社システム部)
 Application Builder、COMSOL Server、COMSOL Compilerのご紹介
後半:Steven Qi 様 (Dare Auto Inc.)【英語講演】
 Fast 3D All Solid State Battery Model Development via COMSOL Multiphysics and Compiler
[N1-L1・12:35-13:05] 村松 良樹 先生 (東京農業大学 教授)
 東京農大・生産環境工学科における工学教育へのCOMSOL Multiphysics と COMSOL Serverの適用
[N2-L1・12:35-12:45] 
神戸HPCクラスター/FOCUS (大規模・並列計算サービス):機器展示[X-09]
[N2-L2・12:50-13:00] 
スペクトリス株式会社 (計測用センサ、マイク、DAC等開発元):機器展示[X-07]
[N3-L1・12:35-12:45] 
4Dセンサー株式会社 (計測装置開発元):機器展示[X-13]
[N3-L2・12:50-13:00] 
株式会社アドバンテスト (計測システム機器開発元):機器展示[X-12]
13:10-13:40 [S-1] Ed Fontes 氏 (COMSOL AB) 【英語講演】
 COMSOL技術情報ご紹介
[N1-1] 水山 洋右 氏 (COMSOL, Inc.)
 ビームエンベロープ法によるフレネルレンズの解析
[N2-1] 徳田 正満 先生 (東京工業大学 特別研究員) 他3名
 磁気浮上鉄道から通信線への電磁誘導に対するCOMSOL解析
[N3-1] 谷川 紘 先生 (立命館大学 招聘研究教員(教授)) 他1名
 pnダイオードアクチュエータの動作解析
13:50-14:20 [S-2] 伝宝 一樹 様 (東京エレクトロン テクノロジーソリューションズ株式会社 Scientist)
 COMSOL Multiphysics上に創成したDSMCモデル
[N1-2] 矢地 謙太郎 先生 (大阪大学 助教) 他2名
 流体諸問題を対象としたマルチフィジックストポロジー最適化
[N2-2] 大塚 晋吾 様 (みずほ情報総研株式会社 チーフコンサルタント) 他1名
 COMSOL Multiphysicsを用いたAlGaN/GaN HFETデバイスシミュレーション
[N3-2] 趙 正 様 (東京大学) 他3名
 In-Process Diameter Measurement of Micro Fiber Using Standing Wave Illumination
14:30-15:00 [S-3] 田村 仁 様 (株式会社日立ハイテクノロジーズ 主任技師) 他3名
 COMSOL Multiphysicsを用いたECRプラズマエッチング装置のシミュレーション
[N1-3] 元祐 昌廣 先生 (東京理科大学 准教授)
 数値シミュレーションと実験を駆使した最先端熱流体システム開発
[N2-3] 吉田 佑 様 (千葉大学) 他2名
 生体深部を電気刺激するための基礎検討
[N3-3] 肥後 昭男 先生 (東京大学 講師)
 ナノ構造、フォトニックデバイスの設計と試作
15:10-15:40 [S-4] 島本 章弘 様 (ウシオ電機株式会社) 他2名
 COMSOL Multiphysicsを用いた真空紫外光によるオゾン生成の化学反応シミュレーション
[N1-4] 山本 崇史 先生 (工学院大学 准教授)
 ヘルムホルツレゾネータを用いた音響メタマテリアルによる板の透過損失向上検討
[N2-4] 山上 達也 様 (株式会社コベルコ科研 主任研究員)
 COMSOLと機械学習を用いたリチウムイオン電極の微細構造最適化解析
[N3-4] 高橋 英俊 先生 (東京大学 助教) 他1名
 学部授業におけるMEMS静電アクチュエータの設計・製作・評価
15:40-16:20 《 ポスター発表コアタイム (40分):ポスター発表の皆様はご自身のポスター脇でご待機ください 》
機器展示コーナーにもお立ち寄りください。部屋中央の飲料はセルフサービスにてお召し上がりください。
16:20-16:50 [S-5] 四反田 功 先生 (東京理科大学 講師)
 有限要素法による酵素バイオセンサ/バイオ燃料電池の電極反応/電極構造シミュレーション
[N1-5] 酒井 康徳 先生 (東京工業大学 連携教員)
 生産加工分野におけるCOMSOL Multiphysicsの応用事例
[N2-5] 平野 拓一 先生 (東京都市大学 准教授)
 COMSOLによる電磁界シミュレーションの基礎 ―問題の分類/境界条件と励振モデル―
[N3-5] 山下 太郎 先生 (名古屋大学 准教授) 他2名
 COMSOLを用いた超伝導単一光子検出器のデバイス設計
 

口述講演のタイトルとアブストラクト

本年のCOMSOL Conference Tokyo 2018の口述講演のタイトルとアブストラクトです。

 

  

ホール S (Hall S)

Luncheon Session [S-L1] 12:35-13:05 [前半]

氏名: 山口 徹 
所属:  計測エンジニアリングシステム株式会社 システム部 課長 
Name:Toru Yamaguchi  
Title:Manager 
Affiliation:  Keisoku Engineering System Co., Ltd. 

講演タイトル:
Application Builder、COMSOL Server、COMSOL Compilerのご紹介
Session Title:
Introduction to Application Builder, COMSOL Server, COMSOL Compiler.
概要:
COMSOLの技術情報を解説します。
Abstract:
Explain technical information regarding specific technical field.

Luncheon Session [S-L1] 12:35-13:05 [後半]

氏名: Steven Qi 様 【英語講演】
所属: Dare Auto Inc. 
Name:Steven Qi  
Title:Senior Mechanical Engineer 
Affiliation: Dare Auto Inc.  

Session Title:
Fast 3D All Solid State Battery Model Development via COMSOL Multiphysics and Compiler
Abstract:
In this presentation, fast construction of an all solid-state battery(ASSB) model in 3D is demonstrated. Key steps to the fast readiness of this model include:
In the first stage, COMSOL battery module library models were directly used, thanks to strong technical support of COMSOL. These models enabled good communication and technical capability check among our battery development and modelling team. COMSOL compiler executables are used to pass result and complete model for initial battery modeling result review.
In the second stage, the coupled Multiphysics from battery, thermal, mechanical, electrical, and electromagnetic modeling, were implemented into a 3D ASSB model. Knowledge from product design development from automotive industry, especially the environmental endurance and vehicle durability requirement with assumed battery mounting position, were built into the model as boundary and test condition for specific analysis in 3D.
In the third stage, the detailed battery 3D design model referencing most recent battery material development was implemented for the experimental test result and 3D modeling result correlation.

Oral Session [S-1] 13:10-13:40

氏名:Ed Fontes氏【英語講演】 
所属:COMSOL社 
Name:Ed Fontes 
Title:CTO of COMSOL AB 
Affiliation: COMSOL AB

講演タイトル:
COMSOL技術情報ご紹介
Session Title:
COMSOL Technical Information.
概要:
COMSOLの技術情報を解説します。
Abstract:
Explain technical information regarding specific technical field.

Oral Session [S-2] 13:50-14:20

氏名:伝宝 一樹 様 
所属: 東京エレクトロン テクノロジーソリューションズ株式会社 シミュレーション技術開発部 Scientist 
Name: Kazuki Denpoh Title: Scientist 
Affiliation: Tokyo Electron Technology Solutions Ltd.

講演タイトル:
COMSOL Multiphysics上に創成したDSMCモデル 
Session Title:
A DSMC model created on COMSOL Multiphysics
概要:
COMSOL Multiphysics (以降,COMSOL) V5.3a上に,Direct Simulation Monte Carlo (DSMC)モデルを創成した.知る得る限りCOMSOL上に構築された最初のDSMCモデルである.粒子追跡モジュールでは,衝突対となる2つの粒子を同じ母集団から同時に採取することはできないため,新たに開発した分子間衝突手法である”疑似南部法”を用いている.2つのベンチマーク問題に対し得られた計算結果は,理論や他のDSMCコードによる結果と良い一致を示した.
Abstract:
We have successfully created a Direct Simulation Monte Carlo (DSMC) model on COMSOL Multiphysics (hereafter COMSOL) Version 5.3a. As far as we know, this is the first DSMC model developed on COMSOL. Since two particles as a colliding pair cannot be sampled simultaneously from the same population in the Particle-tracing module in COMSOL, a new inter-molecular collision scheme named “Quasi-Nanbu scheme” has been introduced to the DSMC model. The results obtained for two benchmark problems using the DSMC model agree well with solutions from a theory and other DSMC codes.

Oral Session [S-3] 14:30-15:00

氏名: 田村 仁 様 
所属: 株式会社日立ハイテクノロジーズ 電子デバイスシステム事業統括本部 笠戸地区設計・生産本部 プロセス研究開発部 主任技師 
共著者:手束勉様(株式会社日立製作所)、桑原大介先生(東京農工大学)、篠原俊二郎先生(東京農工大学) 
Name: Hitoshi Tamura , et al. 
Title: Senior Engineer 
Affiliation: Process System Research and Development Dept., Hitachi High-technologies Corporation

講演タイトル:
COMSOL Multiphysicsを用いたECRプラズマエッチング装置のシミュレーション
Session Title:
Simulation of ECR etching reactor using COMSOL Multiphysics
概要:
ECRを用いたプラズマエッチング装置はULSI製造に永年にわたり用いられてきた。プラズマ制御性の改善を目的にECRプラズマエッチング装置で均一性の良いプラズマが生成される機構を検討した。
最初にECRプラズマエッチング装置のマイクロ波解析において、非常に複雑な電磁界パターンが得られ、検討の結果、その現れる条件や分散関係から、TG波によるものと判明した。
次にマイクロ波解析と電子温度、およびプラズマ拡散解析を組合わせたプラズマシミュレーションを行い、実際的な計算時間で各解析を満足する解を得た。さらにシミュレーション結果とプラズマ分布の測定結果を比較し、両者が定性的に一致することを確認した。
さらにECRプラズマエッチング装置で均一なプラズマが生成できる機構をマイクロ波電磁界のシミュレーション結果を用いて検討した。磁化プラズマ中のマイクロ波伝播から、マイクロ波の電力吸収分布に従い一定密度のプラズマが拡大することで均一なプラズマが得られることが分かった。
Abstract:
Plasma etching device using ECR has been being widely used for ULSI manufacturing for years [1]. We studied uniform plasma generation mechanism in ECR plasma etcher to improve plasma controllability. 

  • First, we observed very complicated electromagnetic field patterns in the chamber by microwave analysis of ECR plasma etcher and found it was originated from TG waves by its emerging condition and dispersion relation [3].
  • Next, we conducted plasma simulation, combining the microwave analysis with electron temperature and plasma diffusion analyses. We got consistent solutions of each analyses in practical calculation time. We compared the simulation results with the experimental ones of plasma distribution and found that both of them qualitatively coincided with each other.
  • Furthermore, we studied the mechanism of uniform plasma generation in ECR plasma etcher, using the simulated results of microwave electromagnetic field. We discussed microwave propagation in magnetized plasma and, as a result, it became apparent that plasma of constant density can be enlarged, which is defined by microwave power absorption profile.

[1] K. Maeda, et al. Jpn. J. Appl. Phys. 51, 08HD01 (2012). 
[2] D. G. Swanson, Plasma Waves (Academic Press, Inc., San Diego, 1989)
[3] H. Tamura, et al., to be published.

Oral Session [S-4] 15:10-15:40

氏名: 島本 章弘 様 
所属: ウシオ電機株式会社 技術統括本部 プロセス評価部 
共著者:渡辺祥子様(ウシオ電機株式会社)、三浦真毅様(ウシオ電機株式会社) 
Name: Akihiro Shimamoto , et al. 
Affiliation: Department of Photo Process Analysis Department, Corporate R&D Division, USHIO Inc.

講演タイトル:
COMSOL Multiphysicsを用いた真空紫外光によるオゾン生成の化学反応シミュレーション
Session Title:
Photochemical ozone generation using vacuum ultraviolet radiation simulated by COMSOL Multiphysics
概要:
波長200 nm以下の紫外光(真空紫外光)を空気に照射すると、原理的にはNOxを含まないピュアなオゾンが得られる。特に中心波長172 nmのXe2*エキシマランプを用いると、数vol%の濃いオゾンを得ることができる。COMSOL Multiphysicsの化学反応工学モジュールを用いて、VUVにより得られるオゾン濃度を計算した結果を紹介する。
Abstract:
Vacuum ultraviolet (< 200 nm) irradiation of air can produce pure ozone without any NOx contamination in principal. By using 172 nm Xe2* excimer lamps a few vol% ozone can be generated. We performed some simulations to evaluate VUV-generated ozone concentration using the Chemical Reaction Engineering Module in COMSOL Multiphysics.

Oral Session [S-5] 16:20-16:50

氏名: 四反田 功 先生 
所属: 東京理科大学 理工学部 先端化学科 板垣・四反田研究室 講師 
Name: Isao Shitanda 
Title: Junior Associate Professor 
Affiliation: Itagaki/Shitanda Laboratory, Advanced Analytical Chemistry, Department of Pure and Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology, Tokyo University of Science

講演タイトル:
有限要素法による酵素バイオセンサ/バイオ燃料電池の電極反応/電極構造シミュレーション
Session Title:
Finite Element Analysis of Electrochemical Reactions and Electrode Structures of Enzymatic Biosensor and Biofuel Cell
概要:
酵素を用いたバイオセンサおよびバイオ燃料電池の性能向上を目的として,有限要素法による酵素/電極反応シミュレーションを行った.また,バイオ燃料電池に用いられる多孔質炭素電極の構造評価を試みた.
Abstract:
In the present study, the finite element method was applied for analysis of enzymatic catalytic reactions on the enzyme electrode. Porous carbon electrode structures for improvement of performance of a wearable enzymatic biofuel cell was also investigated in detail.

  

ホール N1 (Hall N1)

Luncheon Session [N1-L01] 12:35-13:05

氏名: 村松 良樹 先生 
所属:東京農業大学 生産環境工学科 機械システム創成分野 農産加工流通工学研究室 
共著者:鈴木伸治先生(東京農業大学)、岡澤宏先生(東京農業大学)、川名太先生(東京農業大学)、島田沢彦先生(東京農業大学)、佐々木豊先生(東京農業大学)、渡邉文雄先生(東京農業大学) 
Name: Yoshiki Muramatsu , et al. 
Title:Professor 
Affiliation: 
Department of Bioproduction and Environment Engineering, Faculty of Regional Environment Science, Tokyo University of Agriculture

講演タイトル:
東京農大・生産環境工学科における工学教育へのCOMSOL Multiphysics と COMSOL Serverの適用
Session Title:
Application of COMSOL Multiphysics and COMSOL Server for Engineering Education at “Department of Bioproduction and Environment Engineering in Tokyo University of Agriculture”
概要:
東京農業大学生産環境工学科では,平成30年度から教育改革推進プロジェクトとしてCOMSOL Multiphysics,COMSOL Server,および農大ネットワークを活用した数値実験・数値計算に関する工学教育に着手した。このプロジェクトでは,本学科における講義(基礎力学,材料力学,水理学,土質力学,食品工学など)や研究で取り扱われる題材に関するアクティブラーニング用WebアプリをCOMSOL Multiphysicsを用いて開発する。そのアプリを農大ネットワークとCOMSOL Serverを活用してWeb配信し,常に数値実験・数値計算ができる環境を整備する。COMSOLカンファレンス東京2018では,このプロジェクトの進捗状況や実施結果を報告する。
Abstract:
At the “Department of Bioproduction and Environment Engineering in Tokyo University of Agriculture (TUA)”, we started an educational reform promotion project about the engineering education concerning the numerical simulation by utilizing the COMSOL Multiphysics, COMSOL Server, and TUA’s network service from 2018. In this project, some Web application programs for the topics handled in TUA’s subjects (fundamental dynamics, strength of materials, hydraulics, soil mechanics, and food engineering, etc.) are developed by using COMSOL Multiphysics. These Web application programs are delivered via the TUA’s internet service by using COMSOL Server. TUA’s students and faculty members can do the numerical simulation on and off campus with their smartphone, tablet, lap-top PC and so on. We report the progress and results of the project at the COMSOL conference 2018 Tokyo.

Oral Session [N1-1] 13:10-13:40

氏名: COMSOL社スタッフ 
所属:
COMSOL, Inc.
主席エンジニア 
Name: 水山 洋右 氏 
Title:Proncipal Engineer 
Affiliation: 
COMSOL, Inc.(USA)

講演タイトル:
ビームエンベロープ法によるフレネルレンズの解析
概要:
波動光学モジュール・ビームエンベロープインターフェースを使ったフレネルレンズの遠方場解析例についてご紹介します.
ビームエンベロープ法は波長よりも大きなサイズのドメインでも少ないメッシュ数で方程式の近似なくマックスウェル方程式を解く手法です.
COMSOL ウェビナー (https://www.comsol.jp/video/modeling-fresnel-lenses-with-the-wave-optics-module-aug-2-2018)
からの抜粋を、日本語でご紹介します.

Oral Session [N1-2] 13:50-14:20

氏名: 矢地 謙太郎 先生 
所属: 大阪大学 大学院工学研究科 機械工学専攻 助教 
共著者:山崎慎太郎先生(大阪大学)、藤田喜久雄先生(大阪大学) 
Name: Kentaro Yaji , et al. 
Title: Assistant Professor 
Affiliation: Design Engineering Laboratory, Department of Mechanical Engineering,Graduate School of Engineering, Osaka University

講演タイトル:
流体諸問題を対象としたマルチフィジックストポロジー最適化
Session Title:
Multiphysics Topology Optimization for Fluid Problems
概要:
近年、設計開発においてトポロジー最適化を利用することに注目が集まっている。実際、自動車や航空機の構造設計への利用など、様々な事例が報告されており、トポロジー最適化は次世代の設計支援ツールとしての呼び声も高い。本講演では、近年盛んに研究が進められている流体問題を対象としたトポロジー最適化の基礎的な方法論を概説する。その上で、流体・熱を扱った熱交換器設計、および流体・電気化学を扱ったフロー電池設計といった、マルチフィジックストポロジー最適化問題へ展開した最新の事例を紹介する。
Abstract:
Topology optimization has been recently attracted attention in design development. In fact, we can find various practical examples that deal with structural design for automotive, airplane, and so on. In this presentation, we discuss the basic methodology of topology optimization for fluid problems, which is relatively new research topic in the research community. Furthermore, we provide our newest research results that focus on multi-physics topology optimization problems: 1) fluid-thermal heatsink design problems, and 2) fluid-electrochemical flow battery design problems.

Oral Session [N1-3] 14:30-15:00

氏名: 元祐 昌廣 先生 
所属: 東京理科大学 工学部 機械工学科 元祐研究室 准教授 
Name: Masahiro Motosuke 
Title: Associate Professor 
Affiliation: Department of Mechanical Engineering, Faculty of Engineering, Tokyo University of Science

講演タイトル:
数値シミュレーションと実験を駆使した最先端熱流体システム開発
Session Title:
Development scheme of advanced thermofluidic systems by combination of numerical simulations and experiments
概要:
現在,マイクロ熱流体システムは広く研究されており,数値シミュレーションは強力は設計ツールとなっている.本講演では,数値シミュレーションと実験を組み合わせて,講演者の研究室において開発を行っているマイクロデバイス開発の実例をいくつか紹介する.
Abstract:
The role of numerical simulation as a design tool of micro-thermofluidic systems has been increasing in the various fields. In this talk, some recent examples of microdevice development in our research group by combination of numerical simulations and experiments.

Oral Session [N1-4] 15:10-15:40

氏名: 山本 崇史 先生 
所属: 工学院大学 工学部 機械工学科 自動車音響振動研究室 准教授 
Name: Takashi Yamamoto 
Title: Associate Professor 
Affiliation: Vehicle Vibro-Acoustic Laboratory, Faculty of Engineering, Kogakuin University

講演タイトル:
ヘルムホルツレゾネータを用いた音響メタマテリアルによる板の透過損失向上検討
Session Title:
Extraordinary transmission loss by metamaterial plate embedded with Helmholtz resonators
概要:
本稿では,遮音壁に微小なヘルムホルツレゾネータを周期的に内包させて音響メタマテリアルとすることにより,対策が難しいコインシデンス周波数帯域の遮音特性を向上させる.解析解の妥当性を COMSOL Multiphysicsによる数値解と比較することで検証する.さらに,数値解の結果を可視化することで,局所的なキャンセレーションにより,透過損失の低下を緩和していることを示す.
Abstract:
In this study, an acoustic metamaterial-based plate is proposed by using Helmholtz resonators embedded periodically inside the plate within the period of sub-wave length throughout the infinite flat plate. The opening of the throat is located at the surface of the plate in the transmitted side. This metamaterial-based plate exhibits extraordinary high sound transmission loss at the resonance frequency of Helmholtz resonator comparing with a conventional flat plate. At the resonant frequency the dynamic density becomes about much larger than that of the conventional flat plate which has the identical mass. When the resonant frequency is set to the coincidence frequency of the plate, the dip of transmission loss due to the coincidence effect does not appear. To demonstrate the acoustic performance of the proposed system, numerical calculations are also performed by using a commercial finite element solver, COMSOL Multiphysics. Analytical solutions agr ee well with numerical solutions quantitatively for various incidence angle of incoming plane wave. In this configuration the degrade of transmission loss due to the coincidence effect is almost disappeared for random incidence.

Oral Session [N1-5] 16:20-16:50

氏名: 酒井 康徳 先生 
所属: 東京工業大学 工学院 機械系 田中智久研究室 連携教員 
Name: Yasunori Sakai 
Title: Visiting assistant professor 
Affiliation: Tomohisa Tanaka Laboratory, Departmrnt of Mechanical Engineering, Tokyo Institute of Technology

講演タイトル:
生産加工分野におけるCOMSOL Multiphysicsの応用事例
Session Title:
Development of New Manufacturing Process with COMSOL Multiphysics
概要:
レーザや超音波,材料の塑性を応用した新たなものづくり方法を開発する上で,シミュレーション技術による事前検証は非常に重要であるとともに,着想したアイディアを具体化する上でも強力なツールとなる.本公演では,これまで我々が開発してきた新たな生産加工技術を紹介するとともに,その中でCOMSOL Multiphysicsをどのように活用してきたのかについて,具体的な事例を示しながら紹介する.
Abstract:
Numerical simulation by computer aided engineering (CAE) software is very important in developing new manufacturing technology related to laser, ultrasonic vibration, and metal plastic forming, and so on. Additionally, CAE is also a powerful tool for giving shape for your ideas with theoretical validity. In this report, we will introduce the new manufacturing technology developed in our laboratory with indicating practical examples of how COMSOL Multiphysics was utilized among them.

  

ホール N2 (Hall N2)

Oral Session [N2-1] 13:10-13:40

氏名: 徳田 正満 先生 
所属: 東京工業大学 工学院電気電子系 西方研究室 特別研究員 
共著者:酒井芳将様(東京工業大学)、鎗田純輝様(東京工業大学)、西方敦博先生(東京工業大学) 
Name: Masamitsu Tokuda 
Title: Special Researcher 
Affiliation: School of Engineering, Department of Electrical and Electronic Engineering, Tokyo Institute of Technology

講演タイトル:
磁気浮上鉄道から通信線への電磁誘導に対するCOMSOL解析
Session Title:
COMSOL Analysis for Electromagnetic Induction to Telecommunication Line by MAGLEV Train
概要:
超電導コイルを搭載した磁気浮上鉄道が高速走行すると、ファラディーの電磁誘導によって、周囲に存在する通信線に電磁誘導電圧が発生するが、この現象をCOMSOL Multiphysics のAC/DCモジュールで解析している。通信線に関しては、通信線と大地の間で構成されるループ状の縦回線をターン数が1回のコイルとしてモデル化し、そのコイルを鎖交する磁束を計算した。このようにして求めた計算値を、時変のインダクタンス行列による集中定数回路でモデル化した計算値と比較した結果、ほぼ同等の値になることを確認した。
Abstract:
When high-speed MAGLEV train with superconducting coil runs, electromagnetic induction voltage is induced in telecommunication line existing around the train by Faraday’s electromagnetic induction law, and in this report, such phenomenon is analyzed by using AC/DC module of COMSOL Multiphysics.

Oral Session [N2-2] 13:50-14:20

氏名: 大塚 晋吾 様 
所属: みずほ情報総研株式会社 サイエンスソリューション部 チーフコンサルタント 
共著者:谷村直樹様(みずほ情報総研株式会社) 
Name: Shingo Ohtsuka 
Title: Chief Consultant 
Affiliation: Science Solutions Division, Mizuho Information & Research Institute, Inc.

講演タイトル:
COMSOL Multiphysicsを用いたAlGaN/GaN HFETデバイスシミュレーション
Session Title:
Device simulation on AlGaN/GaN HFET using COMSOL Multiphysics
概要:
AlGaN/GaNヘテロ接合に形成される二次元電子ガスは、電子密度が高くかつ移動度が高いという特徴があり、この二次元電子ガスを用いた、抵抗が低く、高速動作が可能で、耐圧の高いトランジスタやダイオードなどのパワーデバイスへの応用が期待されている。本公演ではAlGaN/GaN HFETの基本的な素子特性について、COMSOL Multiphysicsを用いて行った解析結果を報告する。
Abstract:
AlGaN/GaN HFETs, having high electron mobility, are promising candidates for next-generation power device due to their inherent advantage of high power characteristics. In this presentation, using COMSOL Multiphysics we show the modeling of GaN/AlGaN HFETs and show the obtained simulation results.

Oral Session [N2-3] 14:30-15:00

氏名: 吉田 佑 様 
所属: 千葉大学 大学院工学研究科 兪研究室 
共著者:兪文偉先生(千葉大学)、何思彧様(千葉大学) 
Name: Yu Yoshida , et al. 
Title: Student 
Affiliation: Center for Frontier Medical Engineering, Chiba University

講演タイトル:
生体深部を電気刺激するための基礎検討
Session Title:
Study on deep electrical stimulation to human body
概要:
生体の表面から、その深部を電気刺激する技術は、生体運動補助・再建、鎮痛など様々な応用がある。これまで、表面電極の形状・配置、刺激波形、刺激形式の理論的、実験的研究がなされたが、これらの要因を総合的に検討する研究は少ない。本研究は、生体の電気特性を有するシミュレーションモデルをベースに、効率的な生体深部刺激を実現するためのシステム構築を目指す。
Abstract:
Surface electrical stimulation to deep sites of human body has various application, such as assistive technology, function restoration and pain relief. So far, studies on shape and layout of surface electrodes, stimulation wave form, and type of simulation have been reported. However, there have been only few studies on systematic investigation of all the factors for deep electrical stimulation. In this study, based on simulation models with the human electrical properties, we aim to realize the system for effective deep electrical stimulation. Our research efforts and results will be introduced.

Oral Session [N2-4] 15:40-16:10

氏名: 山上 達也 様 
所属: 株式会社コベルコ科研 機械・プロセスソリューション事業部 プロセス技術部 主任研究員 
Name: Tatsuya Yamaue 
Title: Visiting Associate Professor 
Affiliation: Kobelco Research Institute, Inc.

講演タイトル:
COMSOLと機械学習を用いたリチウムイオン電極の微細構造最適化解析
Session Title:
Optimization analysis of Li-ion battery electrode microstructure using machine learning methods and COMSOL Multiphysics
概要:
機械学習を用いたリチウムイオン電池の電極の微細構造の最適化解析を紹介する。具体的には、人工的に生成した多数の電極微細構造データについて充放電特性をCOMSOLで評価し、機械学習と組みあわせる事で、多変量の設計条件の中での特徴量の抽出と最適解の導出の事例を紹介する。
Abstract:
We introduce the optimization analysis of the microstructure of the electrode of lithium-ion battery using machine learning methods. Specifically, we evaluate the charge-discharge characteristics of a large number of artificially generated electrode microstructure by COMSOL, and derive optimal solutions by machine learning method.

Oral Session [N2-5] 16:20-16:50

氏名: 平野 拓一 先生 
所属: 東京都市大学 知識工学部 情報通信工学科 准教授 
Name: Takuichi Hirano 
Title: Associate Professor 
Affiliation: Department of Information and Communication Engineering, Faculty of Knowledge Engineering, Tokyo City University

講演タイトル:
COMSOLによる電磁界シミュレーションの基礎 ―問題の分類/境界条件と励振モデル―
Session Title:
Fundamentals of Electromagnetic Simulation using COMSOL &-Category of Problems/Boundary Conditions and Excitation Model-
概要:
COMSOLを用いて電磁界シミュレーションの基礎について説明します。シミュレーションの前に、正しく理解しておく必要がある問題の分類について説明します。また、シミュレーションにおいてモデル化は正確な解を得るために重要ですが、特に自由度があって難しい境界条件と励振モデルについて詳しく説明します。
Abstract:
Fundamentals of electromagnetic simulation using COMSOL will be presented. Before start simulation, understanding of category of problems is important. Modeling of boundary conditions and excitation is key for proper simulation, and it will be explained carefully.

  

ホール N3 (Hall N3)

Oral Session [N3-1] 13:10-13:40

氏名: 谷川 紘 先生 
所属: 立命館大学 総合科学技術研究機構 招聘研究教員(教授) 
共著者:鈴木健一郎先生(立命館大学) 
Name: Hiroshi Tanigawa , et al. 
Title: Visiting Researcher 
Affiliation: Research Organization of Science and Technology, Ritsumeikan University

講演タイトル:
pnダイオードアクチュエータの動作解析
Session Title:
Analysis of pn-diode driven actuator
概要:
pnダイオードで励振するアクチュエータは、静電駆動型MEMSで必須とされていた狭い空間ギャップを必要としない利点がある。その動作を解析し、COMSOL解析結果および実測結果と比較・検討する。
Abstract:
In a pn-diode driven actuator, no narrow gap is necessary for a large electro-mechanical conversion efficiency. For fabricated devices, operation mechanisms are analyzed and compared with COMSOL results and experimental results.

Oral Session [N3-2] 13:50-14:20

氏名: 趙 正 様 
所属: 東京大学 先端科学技術研究センター 大学院工学系研究科 精密工学専攻 高橋研究室 
共著者:道畑正岐先生(東京大学)、高増潔先生(東京大学)、高橋哲先生(東京大学) 
Name: Zhao Zheng , et al. 
Title: Master Course Student 
Affiliation: Department of Precision Engineering, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo

Session Title:
In-Process Diameter Measurement of Micro Fiber Using Standing Wave Illumination
Abstract:
In recent years, there has been a height requirement for diameter measurement of micro fiber like tapered optical fiber. Here we proposed an in-process diameter measurement method using standing wave illumination, with advantages of non-destructive and low cost. The angular variation of far-field intensity distribution was found related to the diameter of the micro fiber, as the scattered light field of a micro fiber under a standing wave illumination has been investigated numerically with the wave optics module of the finite element method software COMSOL Multiphysics. The results have also been compared with Mie scattering from an infinitely long micro cylinder.

Oral Session [N3-3] 14:30-15:00

氏名: 肥後 昭男 先生 
所属: 東京大学 大規模集積システム設計教育研究センター(VDEC) 講師 
Name: Akio Higo 
Title: Project lecturer 
Affiliation: VLSI Design and Education Center, The University of Tokyo

講演タイトル:
ナノ構造、フォトニックデバイスの設計と試作
Session Title:
Design and Fabrication of Nano structure and photonic devices
概要:
III-V族およびIII-VN化合物半導体材料を用いたフォトニックデバイスはシリコンフォトニクスとの融合、量子井戸、量子ドットを用いた光素子として発光ダイオードやレーザ等に応用展開されている。本研究では、理想的な円板構造をもつ量子構造に着目し、COMSOLを用いた量子準位のシミュレーション結果およびGaAs, InGaAs, InGaN材料のドライエッチングによるナノ構造の実現およびその光学特性について報告する。
Abstract:
Nowadays, III-V and III-VN compound semiconductor photonic devices are very attractive for LED, laser and silicon photonics integration. In this presentation, we study nanodisk shape quantum dots. We shows the bandgap energy estimation by comsol and realize nanodisk photonic devices.

Oral Session [N3-4] 15:40-16:10

氏名: 高橋 英俊 先生 
所属: 東京大学 情報工学系研究科 知能機械情報学専攻 下山・松本・高畑研究室 助教 
共著者:下山勲先生(東京大学) 
Name: Hidetoshi Takahashi , et al. 
Title: Assistant Professor 
Affiliation: Graduate School of Information Science and Technology, The university of Tokyo

講演タイトル:
学部授業におけるMEMS静電アクチュエータの設計・製作・評価
Session Title:
MEMS electrostatic actuator in undergraduate class
概要:
東京大学工学部機械情報工学科の講義「マイクロ知能機械」において、MEMSデバイスを理解してもらうために学生に櫛歯型の静電アクチュエータの設計を課題として課している。設計にあたってCOMSOL Multiphysicsのアプリケーションを導入することで、学生がアクチュエータの変形や共振周波数及び変形を簡単に_シミュレーションできるようにした。提出された設計に基づいて製作された静電アクチュエータがシミュレーション通りに駆動することを体感してもらっている。
Abstract:
In the lecture “Microrobots” of the Department of Mechano-Informatics, the University of Tokyo, we give in an assignment about the design of comb electrostatic actuators to understand MEMS devices. In designing, students simulate the deformation and resonance frequency by using COMSOL Multiphysics to understand the fabricated devices are driven according to the simulations.

Oral Session [N3-5] 16:20-16:50

氏名: 山下 太郎 先生 
所属: 名古屋大学 大学院工学研究科 電子工学専攻 准教授 
共著者:三木茂人様(NICT) 、寺井弘高様(NICT) 
Name: Taro Yamashita , et al. 
Title: Associate Professor 
Affiliation: Graduate School of Engineering, Nagoya University

講演タイトル:
COMSOLを用いた超伝導単一光子検出器のデバイス設計
Session Title:
Device design of superconducting single-photon detectors by COMSOL
概要:
近年、高検出効率、低ノイズ、高時間分解能を備えた単一光子検出器として、超伝導単一光子検出器(Superconducting nanowire single-photon detector; 以下SSPD)の開発が精力的に進められている。SSPDの性能改善にはその光学設計が重要な役割を果たすが、本発表ではCOMSOLを用いたSSPDのデバイス設計とそれによる高性能化の実証について報告する。
Abstract:
Recently, superconducting nanowire single-photon detector (SSPD) has been developed so actively because of its high detection efficiency, low noise, and high temporal resolution. In this talk, we will present the device design of the SSPD and improvement of its performances by using COMSOL.

※都合により発表者、発表内容、発表順が変更となる場合があります。
※敬称に先生と記載の皆様は、教育機関の教員および医療機関の医師の方です。

皆様のお越しをお待ちしております