計測と制御とCAEソフトウェアの計測エンジニアリングシステム株式会社

受付時間|9:00~18:00

03-5282-7040

お問い合わせ

EVENTイベント

201806/08

イベント

第23回計算工学講演会

【弊社オーガナイズドセッション】
OS27: マルチフィジックス解析における応用と計算効率化のための各種手法の提案

【弊社ランチョンセッション】
日時:2018年6月8日(金)
会場:B会場 (1103室)
講師:平野拓一先生 (東京都市大学 准教授)
演題:自由度があるから難しい電磁波シミュレーションの手引き ~有限要素法シミュレータCOMSOLによる解析例~
概要:コンピュータとシミュレーション技術の飛躍的な発展により、電磁界シミュレーションは高周波回路やアンテナなどの研究開発に実用的に使われるようになりました。シミュレーションは結果を出す一方で、特に電磁界分野が専門の方以外は、シミュレータの結果が正しいのかどうか自信が持てないこともあるかと思います。また、シミュレータで開放空間や長いケーブルを含むモデルを解析する際には、有限の領域で打ち切って境界条件を適切に設定する必要があります。いったい、どの程度までの領域をモデル化すればいいのか、悩んでしまうこともあるかと思います。本講演ではCOMSOLで導波管スロットアンテナ、パッチアンテナ等のモデルを取り上げて、どのように解析対象をモデル化してシミュレータを使えばいいか解説します。

◆弊社取り扱い製品デモ展示◆◆◆
COMSOL Multiphysics®
無制限・強連成マルチフィジックスシミュレーション(CAE)ソフトウェアのご紹介

会場:ウインクあいち・愛知県産業労働センター(愛知県名古屋市)
主催:一般社団法人 日本計算工学会
※本大会のお問い合わせは第23回計算工学講演会サイトをご覧ください。