計測と制御とCAEソフトウェアの計測エンジニアリングシステム株式会社

受付時間|9:00~18:00

03-5282-7040

お問い合わせ

Seminarセミナー

201909/02

COMSOL Days

【募集終了】複合材料セミナー(講師:高野直樹先生)申し込み

  • COMSOL Multiphysics
  • 専門
  • 13:30

今回のセミナー内容

本セミナーでは、慶應義塾大学・教授の高野直樹先⽣をお招きして、COMSOL Multiphysics 5.4から新しくリリースされた複合材料モジュールを用いて実習を交えながら、事例紹介をして頂きます。
同日、同会場にて午前10:30から、弊社技術部スタッフより、最適化解析についてのセミナーを開催いたします。COMSOL Multiphysics 5.4から新しく導入されたフィルタリング機能などのご紹介もございますので、併せてご検討ください。
セミナー概要・お申込み:トポロジー最適化セミナー(講師:KESCO技術スタッフ)

<参加料>
無料
<定員>
60名
 

高野先生講演アブストラクト

【複合材料モジュールで学ぶCFRP積層板の力学およびマルチフィジックス解析への発展】
航空機・自動車へのCFRPの適用を契機に、応用範囲が急速に拡大しているCFRP積層板の設計・開発に有用なCAEツールとして、COMSOL Multiphysics 5.4に複合材料モジュールが新たに加わりました。FSDT (First-order Shear Deformation Theory)に基づくESL (Equivalent Single Layer)モデルと、層間剥離も考慮できるLayer-wise (LW)モデルに基づくシェル要素を利用し、積層配向の入力をするだけで、自動的に異方性材料特性が設定されます。採用された積層板理論では大変形も考慮されています。最大の特徴は、これまでのCFRP解析ソフトでは非常に困難であったマルチフィジックス解析が容易に実行可能となった点です。具体的には、音響-構造連成、流体-構造連成解析などです。従来の力学だけを考えた積層配向最適化から、多目的最適化へと発展させることが可能となり、CFRP製品のバーチャルテストのツールとして期待できます。
本セミナーでは、上記の積層板理論、ESLモデルとLWモデルの理論的解説とデモ実演の両面から基礎知識を解説した後、積層ずれを考慮した確率的シミュレーションや音響-構造連成、流体-構造連成解析の実演を通じて、CFRP積層板のマルチフィジックス解析の可能性を紹介いたします。最後に、自身が研究テーマとして取り組んでいる確率的シミュレーションの最新情報をご紹介します。
 

タイムテーブル

13:15-13:30 受付
13:30-13:35 ご挨拶
13:35-15:05 1.複合材料のFEM解析への導入:異方性材料モデル
2.ラミナの等価物性値
 (1) 複合則と均質化理論
 (2) マイクロメカニクス(マルチスケール)解析事例
3.積層板理論(ESL理論)
 (1) 非対称積層板のESL解析事例
 (2) パラメータを用いた積層ずれのESL解析事例
前半のQ&A
15:05-15:15 休憩
15:15-16:35 4.マルチフィジックス解析事例
 (1) 流体-構造連成問題のESL解析事例
 (2) Application Builderを用いた流体-構造連成解析事例
 (3) 音響-構造連成問題のESL解析事例
5.積層板理論(LW理論)
 (1)非対称積層板のLW解析事例
 (2) 層間剥離のLW解析事例
6.不確かさを考慮した確率的マルチスケール法に関する研究の最新情報
後半のQ&A
16:35-16:45 質疑応答及びフリーディスカッション
 

東京(神田)会場のご案内

アーバンネット神田カンファレンス
〒101-0047 東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル Tel: 03-3526-6800
・JR神田駅 西口より徒歩1分 (JR山手線・京浜東北線・中央線)
・東京メトロ神田駅 1番出口より徒歩2分 (銀座線)
会場のアクセスはここをクリック!
※東京(神田)会場には駐車場のご用意がありません。公共交通機関のご利用にてご来場ください。