計測と制御とCAEソフトウェアの計測エンジニアリングシステム株式会社

受付時間|9:00~18:00

03-5282-7040

お問い合わせ

Seminarセミナー

202003/09

COMSOL特別セミナー

【募集終了】AC/DCセミナー(講師:徳田正満先生)申し込み

  • COMSOL Multiphysics
  • 専門
  • 13:30

新型コロナウイルスの影響に伴うセミナーの対応について

このたび、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、弊社では本セミナーを延期にて判断いたしました。
参加のご登録をいただいた皆さまには申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
延期の時期につきましては、講演者の方と調整の上改めてご案内いたします。
来場を予定いただいた皆様には、このような突然の変更となりましたことをお詫び申し上げます。
何卒ご理解いただきたく、今後ともよろしくお願いいたします。
 

今回のセミナー内容

本セミナーでは、東京都市大学・名誉教授の徳田正満先⽣をお招きして、AC/DC分野としてリニア中央新幹線の事例について紹介して頂きます。第2部では、弊社技術部より、COMSOLMultiphysicsのAC/DCモジュールと関連事例をご紹介いたします。

<参加料>
無料
<定員>
30名
 

徳田先生講演アブストラクト

【リニア中央新幹線近傍に存在する通信線への電磁誘導に対するCOMSOL解析】
超電導コイルを搭載したリニア中央新幹線が高速走行すると、ファラディーの電磁誘導によって、周囲に存在する通信線に電磁誘導電圧が発生するが、この現象をCOMSOL MultiphysicsのAC/DCモジュールで解析している。現在のCOMSOLでは、3次元のベクトルを移動メッシュで計算できないため、台車のそれぞれの位置に対する鎖交磁束を計算し、位置の変化に対する鎖交磁束の変化から誘導電圧を計算している。このようにして求めた計算値を、相対運動する多数の磁気結合ループ系を時変のインダクタンス行列で表した集中定数回路でモデル化した計算値と比較している。また、通信線の長さ等の形状依存性や台車の台数依存性についても紹介する。
 

タイムテーブル

 
13:15-13:30 受付
13:30-13:35 ご挨拶
13:35-15:05 「リニア中央新幹線近傍に存在する通信線への電磁誘導に対するCOMSOL解析」
(講師:徳田正満先⽣ / 東京都市大学)
前半のQ&A
15:05-15:20 休憩
15:20-16:20 COMSOL Multiphysicsのモジュール(AC/DC)と事例のご紹介
(KESCO技術スタッフ)
後半のQ&A
16:20-16:40 質疑応答及びフリーディスカッション
 

東京(神田)会場のご案内

アーバンネット神田カンファレンス
〒101-0047 東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル Tel: 03-3526-6800
・JR神田駅 西口より徒歩1分 (JR山手線・京浜東北線・中央線)
・東京メトロ神田駅 1番出口より徒歩2分 (銀座線)
会場のアクセスはここをクリック!
※東京(神田)会場には駐車場のご用意がありません。公共交通機関のご利用にてご来場ください。