計測エンジニアリングシステム株式会社

CASES AND MATERIALS 事例/資料
  • TOP >
  • 事例/資料 >
  • 室内2次元等温乱流のCOMSOLベンチマークモデル
キーワード・条件で検索
この事例/資料はサブスク限定です

室内2次元等温乱流のCOMSOLベンチマークモデル

Indoor 2D isothermal tuerbulent flow

目的

2次元室内流れ場の乱流解析の検証
 1)低レイノルズ数k-ε乱流モデルの利用
 2)レイノルズ応力算出式の検証
 3)LDVによる実験値のある場での検証

室内流れ場(2次元定常を仮定)

メッシュ解像度を4通りに替えて計算。 
指数1(オリジナル)から指数4(オリジナルの4分の1の細かさ)にしている。

利用ソフトウェア

COMSOL Ver.5.6 CFDモジュール
乱流(低Re数k-ε)モデル

検討手段

下記の論文との比較。実験値と数値解が掲載されている。 
好村ほか:各種汎用CFDコードによる2次元室内流れ場を対象としたベンチマークテスト、空調調和・衛星工学論文集, No.144(2009).
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shase/34/144/34_KJ00006793492/_article/-char/ja/

注意:掲載図から実測値を抽出。本書および付属mphの実測値は参考にとどめ、原典を参照すること。

検証結果 平均速度はよく一致。レイノルズ応力はほかのソフトウェアと同傾向にある。

*該当のCOMSOLモデルファイルをご要望のお客様は下記よりご請求ください。

この資料請求にはログインまたは会員登録が必要です。

あなたにおすすめの事例/資料

キーワードで検索

条件で検索

COMSOL解析事例

COMSOL紹介( 導入/検討 )

計測