計測エンジニアリングシステム株式会社

CASES AND MATERIALS 事例/資料
キーワード・条件で検索

液体クロマトグラフィ

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)は、混合物中の各化合物を分離、同定、定量する一般的な方法です。HPLCは、製薬、バイオテクノロジー、食品産業で使用されています。

この例では、COMSOL Multiphysics®の化学反応工学モジュール、バッテリデザインモジュール、CFDモジュール、化学反応工学モジュール、腐食解析モジュール、電気化学モジュール、電気めっきモジュール、燃料電池&電解槽モジュール、マイクロフルイディクスモジュール、多孔質媒体流れモジュール、もしくは地下水流モジュールを使用し、高速液体クロマトグラフィー (HPLC) カラムでの分離をモデル化します。

シミュレーションは、クロマトグラフィーカラムの設計要素や成分分離の詳細をピンポイントで特定するのに役立ちます。これには、カラムの長さや空隙率、2つの成分のLangmuir等温線を含む特定の条件などが含まれます。

*本解説は、COMSOL社のサイトから提供されているアプリケーションギャラリの例題モデルをポイント解説したものです。実際のモデルファイルやモデルの説明書はCOMSOL社のサイトからダウンロードしてください。
関連モデルファイル:https://www.comsol.jp/model/liquid-chromatography-198

解説動画はこちら(9:32秒)

キーワードで検索

条件で検索

COMSOL解析事例

COMSOL紹介( 導入/検討 )

計測