計測エンジニアリングシステム株式会社

CASES AND MATERIALS 事例/資料
キーワード・条件で検索

複数層の反射防止コーティング

反射防止コーティングは、光学システムで頻繁に使用され、光線が屈折率の異なる媒体から別の媒体に交差するときに生じる迷光の量を減らします。反射防止コーティングの最も簡単な例は、1/4波長層です。この層では、単層誘電体膜の厚さが光波長の4分の1になるように調整されます。単層コーティングは、特定の波長および入射角の光の反射率をゼロに低下させることができますが、他の波長の反射率は大幅に大きくなる可能性があります。考えられる解決策の1つは、より広いスペクトル帯域にわたって一貫して低い反射率を提供する多層コーティングを使用することです。

このチュートリアルでは、COMSOL Multiphysics®の光線光学モジュールを使用します。光は法線入射で異なる屈折率を持つ2つのメディア間の境界を横切ります。2つの異なる多層コーティングの反射率は、広いスペクトル範囲で比較されます。1/4-1/4コーティング(2層)と1/4-1/2-1/4コーティング(3層)。1/4-1/2-1/4コーティングは、ほとんどの可視スペクトルで一貫して低い反射率を持つことが示されています。

*本解説は、COMSOL社のサイトから提供されているアプリケーションギャラリの例題モデルをポイント解説したものです。実際のモデルファイルやモデルの説明書はCOMSOL社のサイトからダウンロードしてください。
関連モデルファイル:https://www.comsol.jp/model/anti-reflective-coating-with-multiple-layers-19279

解説動画はこちら(5:38秒)

キーワードで検索

条件で検索

COMSOL解析事例

COMSOL紹介( 導入/検討 )

計測