計測エンジニアリングシステム株式会社

CASES AND MATERIALS 事例/資料

キーワード・条件で検索

キーワードで検索

条件で検索

COMSOL解析事例

COMSOL紹介( 導入/検討 )

計測

サブスク限定

ディフューザー流れ問題のCOMSOLベンチマークモデル

Diffuser flow problem

目的

COMSOLによる乱流解析の検証​
 1)パラメタによるジオメトリ表現の導入
 2)実験値との比較

流路形状定義

利用ソフトウェア​

COMSOL Ver.5.6 CFDモジュール/乱流(低Re数モデル) 定常解析

手段

下記の文献との比較
ANSYS工学解析入門、例題3-1、オーム社
(掲載実験値をマニュアル読み取り後、補間にて利用)

解析条件

2次元軸対称定常流を仮定;入口径D=0.2m;流入流速U0=20m/s;入口径基準のレイノルズ数=2.54e5;ディフューザー開き角=6度;低Re数型乱流モデルを使用

COMSOL数値解

下記の通り、一致度は良好である。

Diffuser-flow-problem_002

*該当のCOMSOLモデルファイルをご要望のお客様は下記よりご請求ください。

サブスク限定

2個のスリットのある光干渉のCOMSOLベンチマークモデル

Interference of light through slits

目的

スリットで構成された回折格子を通過するレーザー光干渉を扱う
 1) 2個のスリットをもつジオメトリでの光干渉解析の実現
 2) 回折像から波長を求める既存の近似解との比較
 3) 光行路差を厳密に解く方法の提示とCOMSOL解との比較
スリットで構成された回折格子と光波動の干渉

利用ソフトウェア

COMSOL Ver.5.6 波動光学モジュール
波動光学(周波数領域)インターフェース
数学PDEインターフェース

検証方法

格子定数dを複数、変化させて、左記の1)および2)の各方法の結果とCOMSOL解の比較を行う。正解とは常に一致し、近似解とは仮定を満たす範囲では一致するか、を検討。

検証結果

COMSOLは正しい干渉計算をしている。(図中斜線は近似角度) 




*該当のCOMSOLモデルファイルをご要望のお客様は下記よりご請求ください。

サブスク限定

1次元フーリエ変換のCOMSOLベンチマークモデル

1D Fourier Transform

目的

COMSOLの積分演算による変換
 ​1)フ―リエ変換・逆フ―リエ変換​
 2)解析式との比較  

手段

フ―リエ変換に関する教科書の解析式との比較

利用ソフトウェア

COMSOL Ver.5.6 基本モジュール/定常解析

方法

空間1次元のモデルを物理なしで定常スタディで構築
空間としては-5π~5πの線分をジオメトリで設定
演算子はintegrate(被積分関数(x,ω),x, -5π, 5π)としてフ―リエ変換、
逆変換はintegrate(被積分関数(x,ω),ω, -5π, 5π)として逆フ―リエ変換を行う

COMSOL数値解

COMSOLの数値解を〇印で示す。
下記の通り、一致度は良好である。

*該当のCOMSOLモデルファイルをご要望のお客様は下記よりご請求ください。

一般

LabVIEWとCOMSOL Multiphysics®による計測・制御・シミュレーションの一元化

~LiveLink™ for Excel®を使用した例~

COMSOL Multiphysics®のアプリケーションライブラリに登録されているチュートリアルのモデルファイル「busbar_llexcel.mph」を連携させて、LabVIEWのGUIからCOMSOL Multiphysics®のスタディを実行する過程を動画に収録しています。
このデモでは、LabVIEWがTCPサーバで、LiveLink™ for Excel®アドオンがクライアントになって通信します。
Excel®のワークシートへの書き込みやスタディ実行はLiveLink™ for Excel®アドオンが実行します。
ワークシート上の特定のセルの値を変更して実行すると、得られた計算結果から各種のグラフィックが表示されます。

 

 

 

動画視聴はこちら

 

 

 

一般

COMSOL Multiphysics®とLabVIEWによる、初歩のリアルタイム計測/制御シミュレーション

PC計測の世界で既にメジャーなソフトウェアであるLabVIEWと、シミュレーションソフトウェアのCOMSOL Multiphysics®を使用した、リアルタイムでの計測/制御とシミュレーションを行うための初歩的な手順についての説明です。
LabVIEWとCOMSOL Multiphysics®を使用することで、実機での計測とシミュレーションを同時に行い、モデルの効率的な検証を行うことができます。

 

 

 

説明用PDFファイルをダウンロード

データ一式のZIPファイルをダウンロード