計測エンジニアリングシステム株式会社

SUPPORT 技術サポート/FAQ

キーワード・条件で検索

キーワードで検索

条件で検索

物理分野

カテゴリ

機能

ソルバー

時間依存計算で、計算ステップ間の結果引き継ぎの設定方法

時間依存の計算で、ステップ1の各時刻の計算結果を、ステップ2で参照する方法について

時間依存の計算で収束しない3(相対トレランス)

時間依存の計算で、一定の時間計算が進み、ある時間でエラーが発生します。

時間依存の計算で収束しない2(初期値と境界条件)

時間依存の計算で、0秒で収束エラーが発生します。
(初期ステップで小さい値を設定してもエラーになります。)

時間依存の計算で収束しない1(初期ステップ)

時間依存の計算で、短い時間までの計算はOKですが、長い時間までの計算を行うと、
0秒でエラーが発生します。
(例:時間を10[s]までで計算するとOK、時間を10000[s]までと長くして計算するとエラーが発生)

定常の計算で収束しない2(Load Ramping)