計測エンジニアリングシステム株式会社

SEMINAR セミナー

ホーム > セミナー >KESCO主催 COMSOL Simulations WEEK (12/3-10) 【開催予定】

KESCO主催 COMSOL Simulations WEEK (12/3-10) 【開催予定】

2021.12.03 KESCO特別イベント オンライン開催

【イベント概要】

例年、12月にCOMSOL Conference Tokyoを開催しておりましたが、今年度はCOMSOL社判断でワールドワイドでの開催は中止となりました。そこで弊社では、ユーザー様の発表の機会の確保ならびに研究・開発を促進する方々を引き続きご支援させて頂きたいと考え、名称は変更致しますが、例年同様の内容で開催させて頂きます。昨年度は聴講者800人を越え、今年度は1,000人以上の方にご視聴を頂けるよう準備を進めております。大学や企業の研究者様も多く参加されておりますので、研究紹介の場として活用して頂ければ幸いです。

分野としては:

  • 電磁気、機械(構造)、伝熱、音響、流体、化学工学等の基本的工学分野から
  • MEMS/NEMS、MicroTAS、光学、燃料電池、半導体、プラズマ、電気化学、医療と健康、バイオ、土木、地球科学等の応用分野などあらゆる分野でCOMSOL Multiphysics®が活用されております

毎年COMSOL製品の代表的ユーザ様を講師としてお迎えし、事例と今後の展望をご紹介いただいております。
本年は基調講演として以下3人の著名な先生方をお招きしてご講演いただきます。また50以上のオンデマンド配信による口述講演やパネル発表に加え、10以上のライブ配信での講演を予定しております。

*視聴にはお申込みが必要です。一度イベントにお申込みいただくと、ログインしてすべてのセッションをご視聴になれます。

【基調講演】(オンデマンド配信)

大阪大学 谷口正輝先生

人工知能ナノポアを用いた感染症検査プラットフォーム
AIとナノポアが融合したAIナノポアは、ターゲットウイルスの波形データを学習する事で、迅速に感染症ウイルス検査装置を開発できるプラットフォームである。このプラットフォームは、新型コロナウイルスに適用されて、簡単操作、高スループット、高精度な検査装置が開発された。開発成功のキーはマルチフィジックスシミュレーションを用いた 1個のウイルスがナノポアを通過する流動ダイナミクスの解明にあった例を紹介する。

キーワード
人工知能、ナノポア、流動ダイナミクス、マルチフィジックス
COMSOL利用モジュール:COMSOL Multiphysics、AC/DC、マイクロフルイディクス、MEMS、電気化学、
材料ライブラリ

【現職】大阪大学 教授

【ご経歴】
2001年 京都大学大学院工学研究科分子工学博士課程修了
2002年 大阪大学産業科学研究所 助手
2009年 大阪大学産業科学研究所 准教授
2011年 大阪大学産業科学研究所 教授
2013年 クオンタムバイオシステムズ創業・取締役
2018年 アイポア株式会社創業・取締役

金沢大学 田中康規先生

高気圧熱プラズマの電磁熱流体数値解析
熱プラズマはガス温度が10000°Kにも達する高温高気圧のプラズマである。この熱プラズマは、例えばアーク溶接、プラズマ切断、プラズマ溶射、ダイヤモンド合成、機能性ナノ粒子合成など幅広く利用されている。熱プラズマ内ではガス温度勾配が非常に強く、さらにその中の輸送現象はガス対流に強く依存する。そのため熱プラズマ内の現象を把握するには、温度場・流れ場・電磁場を連成しながら解析する必要がある。このような熱プラズマの電磁熱流体解析の例を紹介する。

キーワード
熱プラズマ、数値解析
COMSOL利用モジュール:COMSOL Multiphysics、AC/DCモジュール

【現職】金沢大学 教授

【ご経歴】
1998年 金沢大学 工学部 助手
2000年 金沢大学大学院 自然科学研究科 助手
2002年 金沢大学 工学部 助教授
2004年 金沢大学大学院 自然科学研究科助教授
2005年 カリフォルニア大学サンディエゴ校 
     機械・航空宇宙学科 客員研究員
2006年 カリフォルニア大学サンディエゴ校 
     機械・航空宇宙学科 客員研究員
2007年 トロント大学 先端コーティング技術センター 
     客員研究員
2008年 金沢大学 理工研究域 電子情報学系 准教授
2010年 金沢大学 理工研究域 電子情報学系 教授

東京工業大学 和田雄二先生

カーボンニュートラル政策に対応するマイクロ波化学プロセス
電磁場解析と熱流束解析に支えられて化学工業は、CO2無排出あるいは削減を基本とするカーボンニュートラル政策に照準を合わせて、開発展開を進めることを既定路線とする事となった。これを実現するひとつの候補として、マイクロ波化学について、その基本的原理と優位性を紹介する。マイクロ波化学は、石油化学、高分子化学、製薬、材料化学等ほとんどの物質製造化学において、従来法にない優れた優位性を示すことが明らかになってきた。化学と電波工学、更に熱工学の境界領域に属するマイクロ波化学反応系の理解と制御には、COMSOL MULTIPHYSICSⓇによるシミュレーションが大きな力を発揮する例を紹介する。

キーワード
マイクロ波化学、電磁波、反応場、非平衡、局所加熱、マイクロ波特殊効果、反応場
COMSOL利用モジュール:COMSOL Multiphysics、RFモジュール

【現職】東京工業大学 教授

【ご経歴】
ドイツマックスプランク協会フリッツハーバー研究所 客員研究員
アメリカ合衆国南イリノイ大学博士研究員
東京工業大学助手 (工学部)
大阪大学講師 (工学部)
同大学助教授
中華人民共和国江蘇大学客員教授(兼任)
岡山大学教授
東京工業大学 教授

 

【口述講演ラインナップ】(オンデマンド配信)

産業技術総合研究所 竿本 英貴様 「機械学習による橋梁の損傷推定を想定した教師データセットの生成」
国立環境研究所 石森 洋行様 「COMSOL Serverを用いた対話型プラットフォームの構築と廃棄物最終処分場の適正管理に向けた将来予測モデルの実用化」
大阪大学 中田 陽介様 「フォトニック結晶の連続変形によるトポロジカルモード生成」
三菱ケミカル株式会社 松岡 毅様 「局所共振器を2次元連結した音響メタマテリアルシートの音響-構造解析」
熊本高等専門学校 小田川 裕之先生 「極性反転積層圧電材料の非線形誘電率の深さプロファイル計測」

他多数

【COMSOL Simulations WEEK Live】(ライブ配信)

*口述講演の一部はオンデマンドではなくライブ配信を行います。こちらは個別の申込が必要です。詳細なスケジュールについてはお待ちください。

京都大学 近藤 継男先生  「PDEモードで記述した発展方程式を利用したトポロジー最適化」
大阪大学 谷口 正輝先生 【基調講演質疑応答Live】「人工知能ナノポアを用いた感染症検査プラットフォーム」
計測エンジニアリングシステム株式会社 トン リチュ 「亜鉛めっき鋼のガルバニック腐食についてのポイント解説」
株式会社ニデック 寺澤靖雄様 「神経電気刺激における電流可視化と解析」

他多数

【Information】

開催日時 2021年12月3日(金)12:00~2021年12月10日(金) 17:00
開催方式 オンデマンド視聴+Webinar形式(基調講演はオンデマンド配信となります)
受講環境 オンデマンド配信は特別サイトにて会期中の視聴・閲覧が可能です。ライブ配信についてはMicrosoft Teamsを使用します
参加費 無料
備考

視聴URLなどの詳細などにつきましては、mailmag@kesco.co.jp から送付いたします。

※迷惑メールフォルダーに振り分けられることがあります。メール不着と思われる場合は、お手数ですが、迷惑メール設定をご確認ください。

開催時間 12:00
開催場所 オンライン開催

セミナー参加申し込みはログインまたは会員登録が必要です。

キーワードで検索

条件で検索

分野/業界

目的

開催場所