計測エンジニアリングシステム株式会社

SEMINAR セミナー

ホーム > セミナー >授業の理解度をより深めるためのCAE活用セミナー【開催予定】

授業の理解度をより深めるためのCAE活用セミナー【開催予定】

2021.10.22 COMSOLセミナー ライブ配信

【セミナー概要】

理工学系教育現場ではリモート授業の増加に加えSTEM教育の認知が拡がっていることでCAEの活用が徐々に増えつつあります。
また、理工学系の授業に限らず、非理工学系の授業でもCAEを授業にご活用いただいています。

本セミナーでは、まず初めにシミュレーション、特にCOMSOL Multiphysics®についてのご説明、さらに授業で活用いただけるライセンス形態について説明いたします。
第1部として、理工学系でCOMSOLのクラスキットライセンスをご活用いただいている芝浦工業大学 小池義和先生から、理工学系の授業でのご活用をご紹介いただきます。
第2部では、非理工学系の農業系大学にてCOMSOL Server™をご活用いただいている東京農業大学 村松良樹先生から、COMSOLのライセンスや、活用いただいている学生の授業内容をご講演いただきます。
第3部の座談会では、弊社のメンバーも交えて、参加者の方が気になるであろうトピックを用意します。また参加者の方もご質問いただけます。

【タイムテーブルと講演概要】

13:30~13:40:弊社営業技術グループより、COMSOLライセンス形態のご説明

13:40~14:40:芝浦工業大学 小池義和先生ご講演
音響科目の発展的理解のための有限要素法の利用
工学、特に電子工学を志望する学生の中でオーディオなどの音響分野に強い興味を持っている学生はまだまだ多くいます。例えば、スピーカのキャビネットの設計に有限要素法を用いることは比較的扱いやすく、学生が実際に試作したりして、設計の評価を行うこともできます。担当する音響科目において、学生が物理法則から現象の基本的な理解を行いそれを発展させ、本格的なシミュレーションソフトを組み併せて音響機器の設計を経験させています。
セミナーでは、シミュレーションと組み合わせた設計を経験させる目的のために、音響科目に有限要素法を活用した事例をセミナーで紹介いたします。
(質疑応答のお時間もご用意します)

14:40~14:50:休憩

14:50~15:50:東京農業大学 村松良樹先生ご講演
工学教育へのCOMSOL Server™の適用 -システム概要とアプリの紹介-
東京農業大学 生産環境工学科では、2018年からCOMSOL Server™と数値実験アプリを活用した教育プロジェクトを展開しています。このプロジェクトでは、COMSOL Multiphysics®を用いて開発したアクティブラーニング用Webアプリを、農大ネットワークとCOMSOL Server™を活用してWeb配信し、常に数値実験・数値計算ができる環境を整備しています。
本学科における講義(基礎力学、材料力学、水理学、土質力学、食品工学など)や研究で取り扱われる題材に関するアプリを開発しています。
今回の講演では,プロジェクトの概要や成果,実際に開発したアプリを紹介します。
(質疑応答のお時間もご用意します)

15:50~16:30:本音で語る座談会~COMSOL授業活用編~
(聴講の皆様のご質問も承ります)

【講師ご紹介】

小池義和先生
・現在:芝浦工業大学 工学部 電子工学科 電子機械システム研究室 教授

芝浦工業大学 工学部 電子工学科 電子機械システム研究室のWebページ

芝浦工業大学 小池義和先生

村松良樹先生
・現在:東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 機械システム創成分野 農産加工流通工学研究室 教授

東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科 機械システム創成分野 農産加工流通工学研究室のWebページ

東京農業大学 村松良樹先生

【Information】

 

開催日時 2021年10月22日(金)13:30-16:30
所要時間 180分
開催方式 オンライン
受講環境 Microsoft Teams
申込期限 2021年10月15日(金)17:00 まで
参加費 無料
備考

資料などにつきましては、mailmag@kesco.co.jp から送付いたします。

※迷惑メールフォルダーに振り分けられることがあります。メール不着と思われる場合は、お手数ですが、迷惑メール設定をご確認ください。

開催時間 13:30
開催場所 ライブ配信

キーワードで検索

条件で検索

分野/業界

目的

開催場所