計測エンジニアリングシステム株式会社

SUPPORT 技術サポート/FAQ

  • TOP >
  • 技術サポート/FAQ >
  • 希釈種輸送インターフェースにおいて、
    乱流混合を考慮する機能はありますか。
キーワード・条件で検索

希釈種輸送インターフェースにおいて、
乱流混合を考慮する機能はありますか。

“乱流混合”ノードを利用

モデルビルダーツリーにおいて、希釈種輸送>輸送特性を右クリック>乱流混合において、乱流によって引き起こされる種の混合を考慮できます。この機能において、乱流動粘性係数と乱流シュミット数から乱流質量拡散を定義します。このノードは、対流が輸送メカニズムとして選択され、拡散モデルが混合平均またはフィックの法則である場合に使用できます。※このノードの使用には、CFDモジュールが必要です。

キーワードで検索

条件で検索

カテゴリ

機能

物理分野