計測エンジニアリングシステム株式会社

SUPPORT 技術サポート/FAQ

  • TOP >
  • 技術サポート/FAQ >
  • 時間依存計算で解が発散し、パラメータを変えて計算を再開する方法
キーワード・条件で検索

時間依存計算で解が発散し、パラメータを変えて計算を再開する方法

補正パラメータなどを使用した時間依存計算で、解析結果が発散した際にパラメータを変更して再度計算することが可能です。

時間依存計算で途中まで計算を行い、エラーもしくは計算の中断を行います。

パラメータの変更を行った後、新たにスタディを追加します。
新たなスタディに引き継ぐ従属変数値ステップ時間等を設定し通常通り計算を行うと
計算結果を引き継ぎ、変更したものを計算することが可能です。

キーワードで検索

条件で検索

カテゴリ

機能

物理分野