計測エンジニアリングシステム株式会社

CASES AND MATERIALS 事例/資料
キーワード・条件で検索

等温冷却を備えた多成分管状反応器

このモデルは、プロピレンオキシド (A) が水 (B) と反応してプロピレングリコール (C) を形成する管状反応器について説明しています。
A + B-> C
水は溶媒であり、豊富に存在するため、反応速度はプロピレンオキシドに関して1次として記述されます。
R = k * C_A
反応は発熱性であり、反応器を冷却するために、等温冷却ジャケットが使用されます。
反応器は2D軸対称でモデル化されており、シミュレーション結果は半径方向と軸方向の両方で組成と温度の変動をもたらします。 反応速度と質量輸送特性を組み込むために化学インターフェースを使用します。
(化学反応工学モジュール、バッテリデザインモジュール、 腐食解析モジュール、 電気化学モジュール、 電気めっきモジュール、 燃料電池&電解槽モジュールのいずれかが必要)

*本解説は、COMSOL社のサイトから提供されているアプリケーションギャラリの例題モデルをポイント解説したものです。実際のモデルファイルやモデルの説明書はCOMSOL社のサイトからダウンロードしてください。
関連モデルファイル:https://www.comsol.jp/model/multicomponent-tubular-reactor-with-isothermal-cooling-20481

解説動画はこちら(13:56秒)

キーワードで検索

条件で検索

COMSOL解析事例

COMSOL紹介( 導入/検討 )

計測