計測エンジニアリングシステム株式会社

CASES AND MATERIALS 事例/資料
  • TOP >
  • 事例/資料 >
  • 熱粘性音響におけるエネルギー保存(ヘルムホルツ共振器)
キーワード・条件で検索

熱粘性音響におけるエネルギー保存(ヘルムホルツ共振器)

このモデルはCOMSOL Multiphysics®の音響モジュールを使用して、小さな概念的試験設備におけるエネルギー保存を研究するものです。
このモデルには、入口と出口、および非常に細いネックを持つヘルムホルツ共鳴器があります。狭いネック部の音響は、熱粘性音響を使用してモデル化し、熱損失と粘性損失を詳細に解析しています。
エネルギー保存を研究・検証するために、このモデルでは、音響境界層で散逸した全エネルギーと、ポートでのシステムの入力から出力を引いた全パワーを比較します。この2つは一致します。

*本解説は、COMSOL社のサイトから提供されているアプリケーションギャラリの例題モデルをポイント解説したものです。実際のモデルファイルやモデルの説明書はCOMSOL社のサイトからダウンロードしてください。
関連モデルファイル:https://www.comsol.jp/model/energy-conservation-with-thermoviscous-acoustics-26821

解説動画はこちら(13:48秒)

キーワードで検索

条件で検索

COMSOL解析事例

COMSOL紹介( 導入/検討 )

計測