計測エンジニアリングシステム株式会社

CASES AND MATERIALS 事例/資料
  • TOP >
  • 事例/資料 >
  • 分散型ドルーデ-ローレンツ媒質の時間領域モデリング
キーワード・条件で検索

分散型ドルーデ-ローレンツ媒質の時間領域モデリング

プラズモンホールアレイは穴が波長よりも小さい場合でも大きな透過率を示すことがあります。これは表面プラズモンポラリトンが存在するからです。たとえ穴が波長よりも小さくても、それが電磁エネルギーをトンネルさせるのです。

この例では、COMSOL Multiphysics®のRFモジュールおよび波動光学モジュールを使用し、偏光がドルーデ・ローレンツ共鳴項の和として表されるような分散媒質中の完全時間依存波動方程式をモデル化する方法を示します。それぞれのドルーデ・ローレンツ偏光場は電場駆動の常微分方程式を使って解かれます。

2Dジオメトリは1µmの厚みでu00b5mの幅のスリットを持つ1つの分散性スラブからなります。波長は1µmです。実際にはこのスリットはアレイであり、周期境界条件を適用します。入射波はパルス化平面波で、時間的にはガウス形のプロファイルを持ちます。

*本解説は、COMSOL社のサイトから提供されているアプリケーションギャラリの例題モデルをポイント解説したものです。実際のモデルファイルやモデルの説明書はCOMSOL社のサイトからダウンロードしてください。
関連モデルファイル:
(RFモジュール)https://www.comsol.jp/model/time-domain-modeling-of-dispersive-drude-8211-lorentz-media-rf-3507
(波動光学モジュール)https://www.comsol.jp/model/time-domain-modeling-of-dispersive-drude-8211-lorentz-media-wave-optics-22281

解説動画はこちら(12:6秒)

キーワードで検索

条件で検索

COMSOL解析事例

COMSOL紹介( 導入/検討 )

計測