計測エンジニアリングシステム株式会社

SEMINAR セミナー
ホーム > セミナー >COMSOLで学ぶCAEの基礎 第2回目【開催済み】

COMSOLで学ぶCAEの基礎 第2回目【開催済み】

2022.06.23 外部講師セミナー ライブ配信

第2回講義内容

固体熱伝導問題(熱解析)

1. 理論(固体熱伝導現象を記述する変数と数式) 
・領域と境界
・変数(独立変数と従属変数) 
・支配方程式(微分方程式、構成方程式、初期条件、境界条件)
・変数と支配方程式の無次元化
2. 応用計算例
・単一の熱伝導材料からなる構造体内の熱伝導
・異なる熱伝導材料からなる構造体内の熱伝導

第1回目講義内容についてはこちら

受講対象

・CAEをこれからはじめる方、またははじめて間もない方
・CAEにある程度の経験はあるが、その基礎をあらためて学びたい方

講師

近藤継男 先生 (京都大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻) 

京都大学 Webページ:https://www.t.kyoto-u.ac.jp/ja

Information

開催日時 2022年6月23日(木) 14:00-15:00
所要時間 1時間(最大30分ほど延長する可能性があります)
開催方式 オンライン
受講環境 zoom または Microsoft Teams
申込期限 2022年6月16日(木) 17:00 まで
参加費用 無料
備考

1)トライアルライセンスは、お申込者全員に配布いたします。
※トライアルライセンスはVer5.6対応のものとなります。ご了承ください。

2)資料などにつきましては、セミナー事務局( seminar@kesco.co.jp )から送付いたします。
※迷惑メールフォルダーに振り分けられることがあります。メール不着と思われる場合は、お手数ですが、迷惑メール設定をご確認ください。

セミナー概要

CAEソフトウェアを、ブラックボックスとしてではなく、中身の見える透明なツールとして利用することができるよう、それが扱う問題に現れる物理現象を記述する数式等 (微分方程式、構成方程式、境界条件) について、解説する。
そのうえで、代表的な物理現象 (固体熱伝導、弾性体変形、流動、熱輸送を伴う流動) ごとに、COMSOLを用いて、基本的な問題の解を求める計算を実演する。
そしてこれらを通じ、CAEソフトウェアに入力として与える物性や境界条件等の意味や、計算結果をもとに工学的に有用な情報を得る方法につき、理解を深めていただく。

第1回内容(2022年6月9日(木)開催)

イントロダクション: 数式による物理現象の記述

1. 物理現象を記述する数式に現れる量 
2. 物理現象を記述する数式に現れる演算
3. 物理現象を記述する変数と数式
4. CAE: 物理現象のシミュレーション

第3回予告(2022年7月7日(木)開催)

弾性体変形問題(構造解析) 

1. 理論(弾性体変形現象を記述する変数と数式)
2. 応用計算例

第4回予告(2022年7月21日(木)開催)

流動問題(流体解析) 低レイノルズ数の流れ(層流) 

1. 理論(層流を記述する変数と数式)
2. 応用計算例

第5回予告(2022年9月8日(木)開催)

熱流動問題(熱伝達解析): 低レイノルズ数の流れ(層流) のなかでの熱伝達(層流熱伝達) 

1. 理論(層流熱伝達を記述する変数と数式) 
2. 応用計算例

第6回予告(2022年9月22日(木)開催)

複合物理問題 

1. 固体熱伝導と層流熱伝達の複合問題
2. 固体熱伝導(と層流熱伝達) と弾性体変形の複合問題

開催時間 14:00
開催場所 ライブ配信

キーワードで検索

条件で検索

分野/業界

目的

開催場所