計測エンジニアリングシステム株式会社

CASES AND MATERIALS 事例/資料
  • TOP >
  • 書籍案内 >
  • シミュレーションで見るマイクロ波化学
キーワード・条件で検索

シミュレーションで見るマイクロ波化学

シミュレーションで見るマイクロ波化学
マルチフィジックス有限要素解析シリーズ 第4巻

シミュレーションで見るマイクロ波化学

カーボンニュートラルを実現するために

著者名
藤井 知
所属
国立研究開発法人 物質・材料研究機構

電子・光機能材料センター機能材料分野
超ワイドギャップ半導体グループ
特別研究員

共著者
和田雄二(東京工業大学国際先駆研究機構 名誉教授)
分野
#化学(電池・電気めっき・腐食)#流体/伝熱
発売日
2023年11月24日
ページ数
218 頁
定価
2700 円
販売元
Amazon 紀伊国屋書店 近代科学社

インタビュー動画

内容紹介
目次
インタビュー

本書は、化学あるいはほかの分野の開発研究者の方々が、ご自分の化学反応系のマイクロ波技術を導入したいとお考えになったときに、まずはその基本を理解するためにお読みいただきたいと考えて執筆されました。
マイクロ波化学とは、電磁波であるマイクロ波をエネルギー源として化学反応系に注入し化学反応を駆動・制御する化学分野であり、従来の伝統的化学とは一線を画す新規な分野です。このマイクロ波化学という分野を理解し、マイクロ波エネルギーを使って化学反応を操るには、化学反応理論の知識と理解だけでなく、電磁波工学の基礎知識と利用技術の理解が欠かせません。
第1~3章で化学基礎の見直しと新しいマイクロ波化学への考え方の方向付けをしていただき、第4,5章および付録で具体的なシミュレーション方法を解説しています。
本書がマイクロ波化学を導入するための入門書となれば幸いです。

第1章 マイクロ波技術のための化学の基本
第2章 化学平衡と化学反応速度
第3章 マイクロ波はどのように物質と相互作用するか?
第4章 マイクロ波工学
第5章 マイクロ波化学におけるシミュレーション

関連するリンク

関連する書籍

キーワードで検索

条件で検索

分野

シリーズ