計測エンジニアリングシステム株式会社

SUPPORT 技術サポート/FAQ
キーワード・条件で検索

定常の計算で収束しない2(Load Ramping)

定常問題で収束しにくい場合の一般的な対処方法として、
Load Rampingという方法があります。
Load Rampingですが、
計算が収束しない場合に、初期値と境界条件などを最初から
求めたい条件に設定せずに、繰り返し計算中に徐々に近づけて解を求める
方法になります。
(繰り返し計算中で、初期値に1つ前の解を設定します。)

以下のCOMSOLブログにLoad Rampingに関する説明があります。
https://www.comsol.jp/blogs/load-ramping-nonlinear-problems/

以下のアプリケーションライブラリーに
Load Rampingを行っている例があります。
Application Library path: COMSOL_Multiphysics/Fluid_Dynamics/buoyancy_free

このモデルで、
[Study 1>ステップ1:Stationary]の設定画面で、
[スタディ拡張>補助スイープ]をチェックし、
パラメータ Ra を徐々に大きくして計算しています。
(繰り返し計算中で、初期値に1つ前の解が自動で設定されます。)

定常の計算で収束しない

時間依存の計算で収束しない

キーワードで検索

条件で検索

カテゴリ

機能

物理分野