計測と制御とCAEソフトウェアの計測エンジニアリングシステム株式会社

受付時間|9:00~18:00

03-5282-7040

お問い合わせ

Seminarセミナー

オンデマンド視聴

トレーニングセミナー(オンデマンド)

【開催予定】応用コース

  • COMSOL Multiphysics
  • 中級

 

オンデマンド視聴 24時間365日視聴可能
受講対象  基礎コースを受講済み、または同等のCOMSOLの基本的な使用方法を習得された方
概要 研究開発及び教育活動などにおいて、高度な課題を解決するために、実験、理論分析及び数値解析(計算物理、CAE)などの方法が考えられます。COMSOL Multiphysics (COMSOL)は様々な課題解決に適したマルチフィジックス解析プラットフォームになります。

本セミナーは、COMSOLのユーザ様や、これから導入及び導入検討で基礎セミナーなどを終えてCOMSOLの基本操作を習得した方に、CAEに携わる上で知っておくべき計算物理やV&Vの考え方、COMSOLのソルバーの構成と選定ガイドライン、マルチフィジックス・マルチスケール問題への取り組みを紹介します。例題によって、グローバル方程式、PDEとの連成、外部メッシュデータ読み込みなど、COMSOL利用上の便利な機能もご紹介します。

内容 Part 1:応用における理論的基礎

 

1)計算物理と方法

計算物理(マルチフィジックス,マルチスケールなど), 解決方法(実験,理論, 計算, 情報), V&V

・計算シミュレーションの構築プロセスと留意すべきこと

・有限要素法による行列方程式構築に至るプロセス, 空間及び時間離散化, 行列解法

 

2) 行列解法とスタディ

直接解法, クリロフ部分空間法, 反復解法と前処理
収束判定、ソルバー選定ガイドライン
偏微分方程式によるフィジックスの分類とソルバーの関係

 

 

Part 2:応用力の強化

 

1)事例研究

事例による機能紹介:シングルフィジックス, マルチフィジックス, グローバル方程式, 積分機能,カスタマイズ数式(PDE)との連成, ソルバー変更によるパフォーマンス実験,感度解析,ローカル座標系, ジオメトリ及びメッシュインポート, グリッドデータ出力, バッチ処理

 

2) さらなる発展へ向けて

ジオメトリ, メッシュ, フィジックス, ポスト処理関連の便利な機能を紹介:STLメッシュや計算結果、モデルメソッドなどによるジオメトリ作成、サーフェスメッシュの修正、回転ドメイン、外次元、実験データ利用、ファイル保存、サイズ削減

備考 こちらのセミナーは24時間365日視聴可能なオンデマンド視聴型セミナーです。

 

お申込み後、ご入力のメールアドレスにtraining@kesco.co.jp より動画視聴用URLとパスワードが届きます。

 

資料、例題は、視聴用URLにアクセスしますとダウンロードできます。

 

※迷惑メールフォルダーに振り分けられることがあります。お手数ですが、迷惑メール設定をご確認ください。